>
>
構造

構造

次世代に受け継がれる100年住宅

 

 

100年住宅なら次世代までその価値は高まっていきます。

 

親から子、子から孫へと快適な暮らしを受け継いでいくための住まいには、すぐれた耐久性はもちろん、建物のデザイン性や間取りプランの自由性、また経済性や可変性など、さまざまな要素が求められます。私たちの提供する住宅の思想は、永く快適に暮らしていくために必要な要素をすべて備えた真の意味での100 年住宅です。世界が認めた驚異的な強度と自由度を実現したKESシステムは地震や台風などの自然災害の驚異から大切な家族の命と財産を守り、夏は涼しく、冬は暖かい、優れた省エネルギー住宅を実現します。
実重建設 構造
100年住宅
KESシステムとは、躯体を柱と梁で支えるポスト&ビーム(在来)工法、壁で支える2×4工法、柱と梁をボルトでつなぐ鉄筋工法のそれぞれの長所を集約して生まれた注目の新システムです。

 

 KESの優れた基本性能とは…

 

Safety ~大切な家族の命と財産を守る住まい~

■ 日本・アメリカ・カナダで特許を取得したオリジナル金物が驚異的な強度と自由度を実現

■ 神社仏閣と同様に柱を基礎に直接緊結することで、地震などの力を基礎に伝えて分散させる工法

■ KESの太い柱(14.0cm)や厚い板など大断面のものは火災の進行を阻止、鉄骨造では実現できない防火性能

 

世界が認めた最先端の接合金物

世界が認めた最先端の接合金物
在来軸組工法の弱点は接合部分。
KESはオリジナルの接合金物を用いることで驚異的な強度を実現し、
その弱点を克服しています。

大震災にも無傷だったKES工法の住宅

 

大震災にも無傷だったKES工法の住宅

 

 

 Comfortable ~暮らしを豊かにする住まい~

 

■ 家族構成やライフスタイルの変化に合わせ、間取り変更・増改築に柔軟に対応

■ 優れた断熱性能は鉄の350倍、コンクリートの約10倍、夏は涼しく冬は暖かい優れた省エネルギー住宅を実現 

■ 国の定めるホルムアルデヒド放散量基準を大幅に上回る、人に優しく安全で耐久性の高い集成材を使用

 

ゼロエネルギー住宅への挑戦

 

 

Future ~木造建築の未来を開くKES~

 

■ 鉄骨造、コンクリート造よりもライフサイクルコストを低減するローコスト住宅

■ 鉄骨造、コンクリート造に変わる構造躯体として注目され、大型体育館・庁舎・学校・美術館などに採用中

■ 40年育成した国産カラマツ材やスギ材を使用、環境を考えた家づくりで日本の森林保全にも協力

 JR田沢湖駅舎宮代町役場庁舎東通小学校

 ※左から、JR田沢湖駅舎、宮代町役場庁舎、東通小学校

 

 

 資料請求はこちら